日本を率いる国際的なリーダーを育て世界に発信できる英語力を養う

ICEE


ICEE2019開催報告

ICEE運営委員会

去る9月22日に開催されました、令和最初のICEE 第32回の報告です。
今年は、ICEE常連の方々に交じって、新しく若い世代の方々の活躍が目立ちました。
特に準優勝者の山森葉月さんの各パートのパフォーマンスは、ジャッジとのポストミーティングでも賞賛の声が聞かれ、多くの観客の皆様に、さわやかな印象と次世代への希望を見せていただく機会となりました。

11月17日に大阪で開催されますICEE youth OSAKA での若い世代の活躍にも繋がることでしょう。当日は午前中の検定に合わせて、指導者へのセミナーも元ICEE優勝者の吉澤眞理さんが講師として開催されます。
どうぞお知合いの方へのご紹介と、また皆様の参加もお待ちしております。

優勝された田村さんは、今回で3回目の優勝です。ご覧になった皆様の目に明らかであったように、大変洗練されたパフォーマンスと相手を気遣う態度、ご本人のスピーチにあった通り、まさにICEEの心を体現されての優勝は本当に見事でした。こんな風にICEEの心と新しい未来への希望を感じる会となりました事は、参加してくださった皆様や見学の方々、応援してくださったすべての方のおかげと、心から感謝いたしております。

折しも、20年度から大学入試に導入される予定だった英語民間試験の実施が見送られるという発表がありましたが、ICEEはそもそも、試験にパスするためではなく、現場で問われるコミュニケーション力を試す検定です。
受検された方は是非達観的な視点で、ご自分の今回の結果を見つめ、新たな学びを開始してください。

これからの世界で必要なコミュニケーション能力とは何か?英語に限らないのかもしれませんが、ICEEは皆様のそうした探求の一端をこれからも担っていけたらと心して、また新しく次の大会に向かいます。
今までに参加された方も、まだ参加されていない方も、来年は是非挑戦していただければと願っております。

末尾ながら、ICEEの提供する価値の大きさに鑑みて、スタッフ一同益々精進させていただきますことを誓い、合わせて皆様の益々のご活躍を、心よりお祈りいたします。

連絡先 icee1984@gmail.com

【ICEE youth OSAKAお申込み/お問合せ先】
URL:https://kokucheese.com/event/index/578422
Mail:iceeyouthosaka@gmail.com

NONES CHANNEL(月額540円要登録)では新春スペシャル企画として、松本道弘氏と、優勝者 安河内哲也氏やICEE YOUTH CHIEF JUDGEとの対談を配信中です。
https://www.nones.tv/program/gi/100768.html

#ICEE2018
What's ICEE? What you see is what you get! ICEE PV for2018

#ICEE2017
ICEE2017創始者KuryuMatsumoto 30周年記念party ICEE2017優勝者 準優勝者interview ICEE2017 参加者interview

#ICEE2016
ICEE2016 PROMOTION VTR ICEE2016ファイナリスト・主催者インタヒ ュー 参加者インタビュー_ICEE2016

#ICEE2015
ICEE2015Promotin VTR 2015ICEE優勝者準優勝者インタビ ュー 2015ICEE出場者インタビュー

#ICEE
国際英語コミュニケーション能力検定ICEE 英語検定試験ICEE過去の優勝者&松本道弘コメント

主催 松本空龍(道弘改め)まつもとくうりゅう
ICEE創始者 1940年生まれ、今回で28回になるICEEの創始者。海外渡航の経験なしに独力で英語を磨き、アメリカ大使館同時通訳者に選ばれる。最近増補改訂版が出た「私はこうして英語を学んだ」他著書多数。元NHK上級英会話講師。EQ面も鍛える、六角ディベートの考案者。現在インターネットテレビNONES channel「GLOBAL INSIDE」のキャスターとして活躍。「英語道」を提唱し、日本文化海外発信に携わる。紘道館館長。国際ディベート学会会長。

デイヴィッド・キンバル・グラフ Chief judge
テンプル大学修士課程終了。空手歴20年以上。「文武両道」を目指し、1997年に来日。大学・会社等で英語を教えながら様々な武道稽古に励むと同時に応用言語学を学習、瞑想・脳科学・語学習得関連の研究を行う。2011年に宮本武蔵の「五輪書・兵法三十五箇条・独行道」の新英訳The Five Rings: Miyamoto Musashi’s Art of Strategy執筆、2012年にロンドンで出版。現在明治大学で教鞭をとりながら、研究を続けている。